不要な物を賢く処分するためにいろいろな知識を身につけよう

ゴミ屋敷を整理する

ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼する際のポイント

個人では手に負えないようなゴミ屋敷の片付けでも、不用品回収業者に依頼すれば、トラックで駆けつけてゴミや不用品を素早く積み込んで運びだしてくれるので短時間でキレイにすることができますが、依頼するときにはゴミ屋敷の片付けの実績豊富な優良業者に依頼することが大切です。 まずゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する際には、不用品と必要なものを分別して回収してくれる業者を選ぶことが肝心です。 効率重視ですべて不用品として処分してしまう業者も少なからず存在しますが、ゴミ屋敷の片付けの経験が業者ならば事前に打ち合わせをした上で必要なものを保存してくれるので、安心して任せられます。 また、ゴミ屋敷には個人情報が記載された郵便物も存在するので、情報漏洩が心配だという方も多いと思いますが、優良な業者ではこうしたゴミもシュレッダーや焼却処理で処分してくれるので、事前に確認してみましょう。 なお、ゴミ屋敷となった家を再利用するには不用品回収後のハウスクリーニングが必須ですが、現在では不用品回収後に水回りの掃除を含めたハウスクリーニングをセット料金で提供する業者も存在するので、こうした業者に依頼することをお勧めします。

遺品整理を遺品整理士のいる不用品回収業者がお勧め

亡くなった両親の家を片付けたいというときには、遺品整理が問題になります。 故人の思い出の詰まった品々は簡単に捨てることはできないというのが遺族の心情ですが、現実的に考えると、いまでも故人の品物をそのままにしておくことはできませんし、賃貸物件の原状回復が必要な場合には、時間的な制約も出てくるでしょう。 このように、自分ではなかなかできない遺品整理をスムーズに行ないたいときには、「遺品整理士」の資格を持つスタッフが常駐する不用品回収業者を利用するのがお勧めです。 遺品整理士とは、遺品整理を事業として行うために必要な法律知識を習得するとともに、故人の思いの詰まった大切な品物を「供養」するという認識を持ち、遺族の気持ちに寄り添った高品質なサービスを実務能力を身に付けた人材をつくるために設けられた民間資格で、この資格を取得している不用品回収業者に依頼すれば、遺品整理をスムーズに行うことができます。 また、遺品整理士は故人の品物の整理をサポートするだけでなく、生前の遺品整理(生前整理)の相談にも対応できるので、自分の死後に迷惑をかけないために不用品を処分しておきたいという方にもお勧めです。